2007年07月31日

こころのハードル

今日、久々に学生時代からのつきあいの男友達から
電話があった。

まぁ、mayuが調子悪いのを知って、電話くれたんだけど。

彼とは、本当に長い時間をともに過ごした仲。
なんていうか、もう性別の違いとか、乗り越えちゃってる。

でね、まぁ、mayuの性格の話になったんだけど。

あまりにも核心を突くので、思わず笑っちゃった。

「mayuはさ〜、愛想いいじゃん?ひとに気を使うしさ。
 最初のハードルは、すげー低いんだよな。
 でさ、仲良くなって分かるんだけど、その先にさ、
 もうひとつハードルがあって、それはすげー高いの。
 その向こうには、なかなか行けないんだよな」

…そうかも。
mayuは基本的にオープンマインド(の、つもり)だし、
先日の日記に書いたとおり、ひとの顔色をうかがうのが
クセになってるのかもしれないけど、誰とでもすぐ仲良くなる方だと思う。

ま、そういう性質のせいで、随分痛いメにもあってますけど(^_^;)

「自分の内面に入り込まれる怖さからさ、
 そうやって自分を守ってるんじゃないかなぁ」だって。

ああ、確かにそう。
すごくオープンに見せてるけど、
「これ以上は、入り込まないで〜」ってライン、かなりハッキリあるかも。

「それってさ、理解されることによって、嫌われる怖さなんだろうな。
 なんかさ、mayuは、繊細さと大胆さの振り幅が大きいから
 苦労してるだけな気がする」

…絶句。
そういうことなのかなぁ〜。
思い当たりすぎて、怖いくらい。

本当の自分を出して、嫌われるのが怖い。
だから、誰にでも愛想よく、いつも明るく元気に振る舞ってる?

…イヤな性格だなぁ〜!!!

でも、そういうトコをきちんと見つめることが、
今のmayuには、必要だし、大事なことなんだと思う。

うーん、まだ、ちょっとうまく文章にできないから、
もう少し、きちんと整理してみたいな。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 00:00 | ☀ | Comment(0) | 病ひ

2007年07月30日

病気への甘えって?

今日、ちょっとしたきっかけで、ふと考えた。
「病気に甘える」ってことについて。

うーん…。

あのね、こころの病気って、目に見えないから、
わかりにくいのは理解できるんだけど、
「病気に甘えて…」って言われがちだよね。

病気に甘えない、ってどういうことなのかな?

もちろん、最近よく聞く、
鬱などのこころの病の名を借りて、
できることもしない、なんてひとは言語道断だけど。

でも…。

カウンセリングの先生の言葉を借りれば、
「甘える」のと「甘ったれる」のは違うと思うんだよね、mayuは。

甘えたっていいじゃない。

それでなくたって、「頑張ってない」鬱のひと、なんて、
いないんじゃないかなぁ???

そんなに肩ひじ張らなくてもいいじゃない、
ひとに頼ったって、甘えたっていいじゃない、って思うのは、
mayuが甘ったれてるのかなぁ?

でもさ、両足を骨折してるひとに対して、歩けとは誰も言わないよね。
そのひとが、誰かに頼んで、遠くにあるものをとってもらうこと、
それは甘え?

違うよねぇ???

病気に甘えるって、どういうことだろう?

…なんてことを、つらつらと考えた本日でした。


あ、ここで、音楽ネタをひとつ。
先日、日記に書いた、サイバーズの新曲「Poison」ですが
(⇒http://www.nextmusic.net/index.php?command=profmusic&profid=20070715183015)、
めでたく!またジャンル別リコメンド曲に選ばれました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
これで、4曲連続です!!!
嬉しいです♪


さて!お待ちかね!(…え?待ってない???)
本日のまろちゃん日記。

一日たって、随分落ち着いてきたようです。

「まろちゃ〜ん、ごはん〜」とキッチンで呼ぶと、
足元に来て、お座りして待つようになりました。

なんて賢いの!

あのねぇ、まろちゃん、ホントに頭いいのね。
(親バカなのは許してください、せめて今のうちくらいはw)

だって、トイレも一回も失敗なしで覚えたんだよ〜!
すごいよね?

でね、後追いもしてくれるようになりました♪
リビングで遊んでて、mayuが一服しようとキッチンに行くと、
くっついてきて、足元で
「ニャ、ニャ」って呼びます。

もっと遊んでにゃ〜!って言ってるのよね♪
(ええ、いいんです、思い込みでも…)

一日中、まろちゃんと会話してました。
(ええ、ひとりごと、とも言いますかね…)

でもねぇ!
今日、いちばん嬉しかったことは!!!

mayuが、
「まろり〜ん、だっこだっこだよ〜ん」と抱いて、ナデナデしてたら、
「グルグルグルグル…」と喉を鳴らしてくれたこと!

おお!グルグルいってくれたよ!!!と感激!!!
(ビックリマークだらけですが、カンベンしてください…)

ああ、なんてカワイイの、mayuのまろちゃん♪

200707302216000.jpg

「ボクがまろちゃんです!なかなかハンサムでしょ?」


200707302215000.jpg

「おもちゃに囲まれて、幸せだにゃん♪」


200707302211000.jpg

mayuが洗濯物をたたんでいると、おもむろに寄ってきました。
「ねー、ねー、そんなのより、ボクと遊ぼうにゃ〜!」

ああ、ホントに狂ったように親バカですね、我ながらw

つい先日までの自分が別人のよう。
動物って、本当にこころを癒してくれるなぁ…。

人間もそうだけど、カワイイ時期ってあっという間に過ぎるから、
たくさん写真撮っておきたいな〜。

でもさ、mayuのデジカメ、すげー古いのねw
で、前々から新しいのを買おうと思いつつ、
買ってなかったんだけど、コレはもう、
今すぐにでも買わねばでしょう!!!

まろちゃん、mayuのところに来てくれて、
本当にありがとう。

おもいっきり幸せに暮らそうね(*^ω^*)


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 00:00 | ☀ | Comment(0) | 病ひ

2007年07月29日

家族がふえました。

…と言っても、赤ちゃんが生まれたワケではありません。
(あたりまえかw)

にゃんこが、我が家にやってきました♡

mayuのこころの師匠が、病気になって親猫から見捨てられた(?)
子猫を保護してたのです。

自分で飼うことも考えていらっしゃったようですが
mayuの、今の精神状態のことを思ってくださったこともあり、
里子に出してくれました。

先日、「ちょっと楽しみにしていること」と
書いたのは、このことだったんです♪

我が家について、まずはお水を飲ませたり、ゴハンあげたり。

いろいろ猫グッズを持ってきてくださってたので
それをいただいたり。
(ホントにたくさんいただいちゃって、ありがとう!)

お薬をまだ飲ませているので、その説明を聞いたり。

一息ついて、人間もゴハンを食べに行きました。
ご夫婦で来てくださったので、mayuとダーリンと4人で、
楽しくお食事しました。

その後、ダーリンは仕事へ。
(また休日出勤…。ちなみに、昨日も仕事。もう半月以上休んでません)

3人でタリーズに行き、まったりコーヒーを飲み、我が家へ戻りましたが、
にゃんこの姿、どこにも見えず。

探し回って、やっとテレビの後ろにいるのを発見!

まだ生後1月半くらいとのことで、ホントちっちゃいの。

あ、そうそう、名前は「まろちゃん」です。
男の子だと思われます。
ちなみに、名付け親は、その師匠なんだけど
名前の由来聞くの、忘れた…。

でもねぇ、そのご夫妻がお帰りになるとき、
「じゃあな、父ちゃんは帰るからな。新しいお母さんに可愛がってもらえよ」と話しかけてるのを聞いて、mayuは涙がじわり。

ぐっとこらえつつ、都内からきてくださったお二人をお見送り。

しばし、まろちゃんと過ごすも、どうもまだ警戒されてて、
ソファの下から出てこない。

眠そうな顔してるから、抱っこしてナデナデしてたら
ウトウトはするんだけど、すぐまたソファの下にもぐっちゃう。

まぁ、仕方ないよね、としばらくそっとしておきました。

ダーリンが仕事から帰ってきたとき、mayuは自室にいたんだけど、
リビングから
「にゃおーぅ、にゃおーぅ」と、
ダーリンが一生懸命、まろちゃんに話しかけてるのが
聞こえてきて、思わずニヤニヤ。

そしたら、
「mayu、見て見て!」と呼ばれたので行ってみたら、
まろちゃん、元気におもちゃにじゃれてました。

ああ、かわいい。

mayuは、動物はなんでも好きだけど
猫は、子供の頃からずーっと飼ってたので、特に好き。
なんか、猫の性質が好き。

柔らかくって、あったかい、ちいさい命。

久々に動物に癒される感覚を味わってます。

師匠、どうもありがとう!
たまには顔を見にきてね。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 00:00 | ☀ | Comment(0) | 日常

2007年07月28日

喧騒

はふー。

さっき、家に帰ってきたのですが。
…疲れました。

なによりも、街の喧騒に疲れた気がします。

街行く人々の、必要以上に大きな話し声、靴音、
ありとあらゆる勧誘の声、車のクラクション、パトカーのサイレン、
それらすべてが、mayuの神経に突き刺さりました。

ああ、ホント疲れた。

イヤ、友達とホテルでまったりしてるのが
一番楽しかったです。

それにしても、いくら外が暑いからって、
どのお店も冷房ききすぎだよ(>_<)

クーラーに弱いmayuは、真夏でもカーデを
必ず持って歩くんだけど、今回忘れてしまって、
死ぬ思いでした。

家の最寄り駅で、ダーリンと待ち合わせて
帰ってきたんだけど、なんか、ほっとした。

やっぱり、気が張ってたのかも。

いくら仲のいい友達でも、迷惑かけないようにしなきゃ、って
思ってたのかも。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 21:37 | ☀ | Comment(0) | 日常

2007年07月27日

To be or not to be.

本日、診察日でした。

友達と、お昼ごはんを食べて、のんびりお茶をしてから、
しばし別行動。

mayuは病院の最寄り駅へ。

病院のそばでダーリンと合流。
予約時間に余裕を持って待ち合わせていたので、
カフェに入って、入院についてどうするか、
最終的な相談。

「mayuは、どうしたいの?」と聞かれたけど、
正直、入院したほうがいいのかどうか、
自分では判断ができない。
入院に対する抵抗感、不安もある。

そして、今、ちょっと楽しみにしてることが
ひとつあるんだけど、もし、それが実現するなら
入院はできなくなるし、する必要はなくなると思ってる。

「うーん…」としばらく考えた末、ダーリンには
「あと一週間、考えてみる」と答えた。

そして、今日は久々にダーリンも一緒に診察室へ。

一通りの問診の後、
「じゃあ、入院してみましょうか」との先生のことばに
「いろいろ考えたんですけど…」と、
入院に対する気持ちを言ってみた。

先生は、ひとつひとつ、mayuの不安を取り除く回答をしてくれた。

そして、
「入院の一番のメリットは、思い切った薬物療法がとれることです」と
言われた。

「通院だと、どうしても慎重にならざるを得ないから、
 時間もかかります。
 けれども、入院であれば、いろいろな薬をスピーディーに
 投与して、判断することができます」と。

なるほどなぁ…。

とりあえず、結論としては
「入院に関しては、完全に自由入院です。
 mayuさんが、もう耐えられない、と思えば
 いつでも可能です。いつでも言ってください」ということに。

本日、また薬が増えました。
本来は、躁鬱病の治療に有効な薬らしいけど、
最近、鬱にも効果がある、という治験があったそう。

「まぁ、一週間で効果は感じられないと思うけど、
 ちょっと様子を見てみて」ですって。

うまく効きますように…。

そして、最後に先生はこうおっしゃった。

「とにかく、今は、自分の存在価値とか、そういうことは考えないで。
 この世に必要ないひとなんて、いないんですよ。

 mayuさんのご主人は、優しくて理解がある。
 たとえ、今、mayuさんがなにもできない状態でも、
 邪魔に思ったり、役立たず、なんてことは思っていません。

 今、mayuさんはご主人に支えてもらっているけど、
 いつか、mayuさんがご主人を支える日が来ます。
 そうやって、支えあっていけばいいんです。

 そもそも、夫婦っていうのは、そこにいるだけでいいんですよ。
 夫婦って、そういうものです。

 実は、私の妻も鬱になったことがあります。
 でも、もちろん、私は妻を厄介者とは思いませんでした。

 mayuさんのご主人も同じです」

そして、ダーリンに
「では、ご主人、入院の件はそういうことでよろしいですね?」と確認し、
ダーリンは
「はい、どうもありがとうございます」と、ひとこと、答えた。

診察後、薬局へ行き、薬をもらってから、またダーリンとカフェへ入る。

「どうするのが一番いいんだろう、もうmayuにはわからないよ」と言うと、
ダーリンは、目からウロコが落ちるようなことを言ってくれた。

「今、判断しなくていいんじゃないかなぁ。
 あのね、mayuは先のことを考えて、今を判断しようとしてるけど、
 そうじゃなくって、今できることがあるなら、
 それを全部試してみればいいんじゃない?

 入院してもいい、カウンセリングを受けるのもいい、
 できることを全部やってみて、ダメだったらやめればいいし、
 それがうまくいけば、それでOKでしょ?

 そうやって、ベストなことを探していこうよ」

深く、ふかーーーく、納得。

…と、いうことで、入院の件はとりあえずペンディングになりました。

自分の中では、現時点では、入院しなくてもなんとかなるかも?って
感じてるけど、とにかく最近は不安定だから、しばらく様子を見てみます。

ああ、それにしても、本当にダーリンに感謝。

毎日、夜中の1時〜2時の帰宅がずっと続いていて、
かなり疲れているだろうし、今日だって仕事山盛りのはずなのに、
mayuのために時間をつくって、いっしょに病院に行ってくれた。

こころから感謝しています。
ダーリン、ありがとう。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 00:00 | ☁ | Comment(0) | 病ひ

2007年07月26日

都心のホテルにて

今日から、友達と都心のホテルで
のんびりします♪

mayuが調子を崩しているのを知った友達が、
「よかったら、一緒に泊まってのんびり話さない?」と
誘ってくれたので、都内のホテルで2泊過ごすことにしました。

それにしても、とにかく、最近、
食事を全くと言っていいほど食べられないmayu。

炎天下の中、フラフラになってしまいました。

友達と会って、
「とにかく座りたい…」とレストランに入り、
ひとやすみしたものの、どうにも調子が悪いので
早速ホテルにチェックインし、mayuは2時間ほど
寝かせてもらいました。

今は、ちょっと回復!

カラオケ行こうね〜!!!とか言ってたんだけど、
元気出てくるかな?

ホントにたまにしか会えない友達との
せっかくの貴重な時間、楽しみます♪


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 18:18 | ☁ | Comment(2) | 日常

2007年07月25日

こ、これって…

0725.jpg

…こんなん、アリ?
ちょっと飲んでみたいかも。

怖いもの見たさ…


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 00:00 | 🌁 | Comment(0) | 日常

2007年07月24日

のんびりする方法

今日は、朝から所用があったため、横浜へ。

mayuは、時間が決まっている所用のときは
その時間の1時間前くらいには目的地に着くようにしています。
(コレ、友達との約束とかは別だよ、もちろんw)

久々の早朝覚醒で、4:30起床だったためか、
コーヒーショップに入ってぼんやりしてたら、
とてつもなく眠くなってきました。

そのうち、激烈なめまいが。
座ってるのに、身体がゆらゆらしてるのがわかる。
寒いくらいの冷房の中にいながら、脂汗がじわり、じわり…。

目をつぶって、しばらく耐えてました。

「うう…、コレはまずいかも…」

おもむろにバッグからiPodを取り出し、
The Gatheringの「Sleepy buildings」を聴きました。

とにかく声が美しいんです、とっても。
メロディーもすごく好き。

…それはともかく、そうこうしているうちに
なんとか落ち着いてきて、無事に所用を済ますこともできました。

しかし、外に出たら、もうグッタリ。

とてもすぐに家に帰る元気がなかったので、
mayuの「横浜カフェランキング」で現在、同列2位のカフェへ。
そのすぐそばにいたからね。

しばし廃人と化す。

1時間以上は休んでたと思うんだけど、回復の兆しがないので、
タクシーで帰ることにしました。

ところが、ここでアクシデント。

タクシーを止めて、乗り込もうとした瞬間、ぐらっと身体が揺れて、
思いっきり後ろに倒れてしまいました。

最初、なにが起こったのか、わからかったんだけど、
運転手さんがあわてて降りてきてくれて、
「大丈夫ですか?」と抱き起こしてくれました。

「ああ、すみません…」とヨロヨロしていると、もう一度
「大丈夫ですか?頭とか、打ちませんでしたか?」と。

その頃になって、ガンガン痛みが来ました。
「とりあえず、大丈夫です…。ありがとうございます」と
タクシーに乗り込む。

「急に暑くなったからでしょうかねぇ…」と優しい運転手さん。

家にたどりつくなり、ベッドに倒れこんじゃいました。

まぁ、ここ数日、ロクに食事できてないのと、
たぶん軽い脱水だったんだと思います。

鬱って、身体に症状が出やすいひとと、
そうじゃないひとがいるらしいけど、
mayuは、モロに身体に出るのね。

で、いつも微熱があるから、意識して水分をとらないと
すぐに脱水症状になっちゃうみたいなの。

お水をガブガブ飲んで、2時間くらい眠ったらスッキリしました。

で!
ココからが本題。
(前置き長すぎだっつの!)

あのね、よく、メンタルな病気のひとに対して、
「のんびり休んで」って言うでしょ?

今日、そのことを考えてたんだけどさ、
mayu、どうすればのんびり休めるのか、それがわかんないみたい。

もちろん、調子悪くて寝てることしかできないときは
「のんびり休んでる」のかもしれないんだけどさ、
とりあえず、起きていられるときの「のんびり休む」って
どういうことなのかなぁ?

mayuね、家にいるときって、ずっと自分の部屋にいるんだけど
いつも次のことを考えてるんだよね。

「よし、○時までネット見たら、洗濯物たたもう…」とか
「これが終わったら、×時までにいらない服をまとめよう」とか。
(もちろん、なかなか計画通りにコトは運ばないが…)

仕事をしてたとき、mayuが朝一番にすることは、
その日一日のタイムテーブルを書くことだったんだけど、
そういうクセが抜けないのかな?

さっきもね、タンスの引き出し整理してて、そうしつつも
「この次はアレをやろう…」とか考えてる自分に気付いちゃって。

ちなみに、mayuは決して「勤勉な人間」ではないと思うんだけどねぇ…。

まぁ、働いていた頃は、寝に帰ってくるだけ、ってカンジの生活だったから
家の中でやりたいことは、たくさんあるんだけど…。

でも、コレって「のんびり休んでる」のかな???

休む、って難しいなぁ。
誰か、いい方法教えてください。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 23:40 | 🌁 | Comment(2) | 病ひ

2007年07月23日

なんだかタイヘン

えー…
最近、すっかりメンヘラブログになってますけど…

これは一応、音楽ブログなワケで!
今日は音楽ネタです。

mayuはついこの間まで、広告代理店に勤めていたのですが、
心身ともに調子を崩し、いろいろと考えたあげく、
自分の健康がなによりも大切だと思い、退職したわけです。

で、これまで仕事に使っていた時間が、まるまる空いたワケで。
いろんなことができるだろう、と思うワケで。

今まで、忙しくて放置してしまっていたものたちを
整理したり、再開したりしています。
(このブログも、そのうちのひとつ)

まず、Psyverz[saiva:z]は、いろいろなインディーズ音楽サイトから
楽曲を配信しているので、その再開から始めています。

現在、3つのサイトから楽曲を、2つのサイトから着うたを
配信しているのですが、これが、配信しはじめたタイミングが
違うので、それぞれアップしてある曲数が違ってたりするのです。

なので、それをまずは揃えようと思ったのですが…。

完パケはきちんとフォルダをつくって、保存してあるのですが、
それを変換したmp3ファイルが、ゴタゴタと音源をまとめてある
フォルダに入っていて、どれが完パケ版のmp3なのか、
わからなくなってしまってるんです、ぐすん。

…って、だらしないmayuが悪いんですけど。

今日は、音源整理で終わりそう。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 22:58 | 🌁 | Comment(6) | 音楽

2007年07月22日

このままじゃ、終わりたくない

※自傷や自殺関連の話に理解を持てない方は、
  どうかスルーしてください。


昨日の深夜のこと。

もう寝よう、と、ベッドで横になっていたとき、
強い自殺念慮がやってきて、苦しんだ。

最初は、歯をくいしばって、
なんとか、その気持ちが去るのを待っていたのだが、
どうにも耐え切れなくなり、隣で寝ていたダーリンに、
「パパ…」と蚊のなくような声で呼びかけ、
「死にたい…。苦しい…。楽になりたい…」と
泣きながら訴えた。

mayuは、もう理性がきかず、
「パパ…。もう生きていたくないの…。死なせて、楽になりたいの」と
言ってしまった。

しばらくして、落ち着いたあと、
ダーリンは、ポツリと
「mayu、入院しないか?」と言った。

mayuは、とても疲れていて、頭のなかはからっぽだったけれど、
「…うん、考えてみる」とだけ、答えた。

今日も、昼下がり(どうも最近はこの時間がダメらしい)に
不安でおちつかなくなり、外に出た。

最近、外に出たくなる理由がわかった気がした。

家にいると、死にたくなるからだったんだ。
でも、そうしたくないから、外に出たかったんだ。

フラフラと海を見に行った。

海沿いの公園で、芝生にゴロリと横たわる。

熱い陽射しと海。
このふたつは、いつもmayuにパワーをくれる。

たくさん、たくさん、涙が出た。

死んでしまいたい、そういう気持ちが出てくるのは
何故なんだろう?

でも、その気持ちは一過性のものだ。
少なくとも、今のmayuのそれは。

このままじゃ、終わりたくない。
終わらせたくない。
そうでしょ?

自分に問いかける。

そう、生きるんだ、今日も、明日も。
とにかく命をつなぐんだ。

誰のためでもない、自分のために。

そう思いながら見た太陽は、
それはそれは明るく、眩しく、
めまいがしそうなくらいに、美しかった。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 20:03 | 🌁 | Comment(0) | 病ひ

2007年07月21日

歌って素晴らしい

昨日お出かけしたときの話。

歩いてるときは、いつもiPodで音楽をシャッフルして聴いてるのですが、
minkの「Innocent Blue 〜地果て海尽きるまで〜」が
流れてきて、ああ、いい曲だな〜と、しみじみ感じました。

こういうスケールの大きな詞を書いてみたい。

minkの声もすき。
ハスキーで。

ハスキーボイスはmayuの永遠の憧れなんだな〜。

ま、声質ばかりは持って生まれたものだと思っているので
こればかりは仕方ないです。
自分の声を活かすべし。

ボイトレの先生は、mayuの声を
「すごくいいキャラクターの声質、
 それを生かすも殺すもmayuちゃん次第だよ」と
いつも言ってくれるので、嬉しいんですけどね。

「たくさんのひとが欲しがるミックスボイスを持ってるよ」って。

ミックスボイスって、mayuも正確なことはよくわからないし、
言うひとによって違ってたりもするんだけど、
mayuが持っているボイトレ関連の本でいうと

『ミックスヴォイスとは、簡単に言えば地声とウラ声を
 混ぜた中間的なキャラクターの声で、
 ウラ声並みに高い声が楽に出せて
 地声並みに張りや芯があります』

ってのもあれば、

『一般的に「ミックスボイス」は芯のあるファルセットの
 振動形態を徐々にしっかりと厚い振動形態へと
 変化させられるようにすることにより得られます。
 逆に言うと実声の状態のまま声帯を薄く使うことに
 なります』

ってのもある。

…難しいねぇ(^_^;)


ま、それはともかく、minkの曲を聴いてるうちに、
ボイトレの先生にとても会いたくなりました。

先生のレッスンを受けてるときの、身体がひらいて、
声が身体のなかで響いてる感覚。

頭の上から飛んでいく声と、足下から地面に響く声のバランス。

ひとりで唄ってると、なかなか難しいんだ、これが。

元気もでてきたし、ボイトレ再開してみようかな?
まずは隔週くらいで、と思ってメールしてみました。
(これは、昨日書いた、調子が悪くなる前の話です)

先生は、mayuの病気のことも知っているし、
スカウトされて転職を決めたことなども、お話してあったので、
「5月から、また調子を崩してしまって、結局仕事辞めました」と
いうようなことも含め、ボイトレを再開したい旨をお伝えしました。

先生は、mayuからの連絡をとても喜んでくださって、
「タイヘンだったね、よく頑張ったね」と
優しい言葉をかけてくれました。

思わず涙がぽろり。

先生とmayuは、絶対に前世で関わりが深かったひとだと
ふたりとも思っているのですが、なんせシンクロしまくる。

mayuがまだ転職したてで、レッスンを中断してたとき、
先生のことを考えてたりすると、
「新しい職場はどうですか〜?」とメールが来たり、
先生が、綺麗な月を見て
「ああ、この月、mayuちゃんに見せたいな」と思うと
mayuから
「仕事、まだ落ち着かないんです〜」って連絡したり。

なんと、今回もシンクロしてました。

「今朝ねぇ、ああ、mayuちゃん元気かなぁ、って
 思ってたから、メールが来て、本当に驚いたよ!」だって。

mayuは、以前も書いたことがあるかもしれないけど
(あ、ボイスブログで話したかも…)、
小さい頃から歌を唄うことが大好きでした。

積み木をマイク代わりにして、唄ってる写真が残ってたりするし、
親戚の集まりなんかのときは、『林檎の歌』とか
『お祭りマンボ』、『東京ブギウギ』なんか唄って、
おひねりもらったりしてたの、ははは(^^)

それが、今のmayuをこんなに強く支えてくれるようになるとは。

歌って、音楽って、素晴らしい。

あ、そうそう。
ちょっと前から、Psyverz[saiva:z]、faamという音楽系SNSに
参加しています。

相方のTAK殿も、曲作りのこと、ギターのことなど
熱い日記を書いてたりします。

ぜひ皆様ご参加いただいて(どなたでも登録できます)、
Psyverz[saiva:z]のファン登録をしてくれると嬉しいです♡
よろしくお願いします♪

http://www.faam.jp/


以下、余談。

昨日書いた、入院するかも、って話なんですけど
今日、入院する予定の病院に電話して、
入院時にPCの持込ができるか、質問してみました。

PCの持込はOK、でもネット接続は不可、ですって(ノω・、) ウゥ

一気に入院したくない気持ち、MAX。
(もともとしたくないんだし!)

あーん、作家の山本文緒さんが入院した病院は
OKだったみたいなのにな〜。

まぁ、いろいろ調べたところによると
かなり自由な病院みたいで、病状によって外出可能
(病院から通勤、通学するひともいるそう)だから、
最悪ネカフェ通いか…。

つか!
入院はやっぱりしたくない。

けど、入院したら楽になるのかな?

って、今日いちにち、そればかり考え込んでました。

昨日から、ついさっきまで、かな〜り落ち込んでたんだけど
なんか、今は元気。

さすがに今日は外出できなかったし、ほとんど食事もとれなかったけど。

むむむ、変わった薬のおかげか?
でも、そんな即効性がある薬、リタリンのほかに思い当たらないなぁ。

mayu、病歴長いワリに、薬にはウトいけどさ。

…でも、やっぱり、入院はイヤだな。
都心の病院なんて、ダーリンは休みの日にしか来れないだろうし。
mayuの母親にも、ダーリンの両親にも、心配かけちゃうし。

淋しいし。

ああ、苦悩のいちにち。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 22:24 | ☔ | Comment(0) | 音楽

2007年07月20日

妻の役目

今朝、ダーリンは、仕事の都合でいつもより早く
家を出なければなりませんでした。

彼は、充分な睡眠をとらないとダメなタイプなんだけど、
ここ最近ずっと帰りが遅く、昨日も帰宅は深夜1時過ぎ。

で、mayuは朝に強いので
「6:30に起こして〜。絶対寝坊できないから〜!」と
頼まれてたんです。

なので、ちゃんと6:30に起こしました。
一度では起きなかったので、6:45くらいまで、
起こし続け、やっとのことで起きたダーリン。

シャワーを浴びてるダーリンの
「ぅあ〜」っという苦しげな声が聞こえ、
ああ、かわいそうに…と思うものの、
mayuは、なんとも気分が優れず、憂鬱でしかたなかったの。

そして、ついダーリンに八つ当たりをしてしまったのです。

しかも、ゴミ出しのことで…。
いつも、ゴミをまとめてきちんと出してくれてるダーリンに
そのことで八つ当たりするなんて、ヒドイ妻です。

mayuは、所用で銀座に行かなければならなかったので、
銀座まで行ってお茶をしてるときに、
「今朝はごめんね」とメールしました。

そしたら、すぐに電話がかかってきて
「そんなの気にするなよ〜!人間、誰だってイライラするときはあるよ」と。

そして、
「こないだ送ったメール、覚えてるか?」と。

それは、数日前、朝からmayuが
「ああ、mayuはダーリンに頼りっきりで、甘えてばかりで情けない」と
グチグチ言ってた日、会社から送られてきたもの。

このような文面でした。
「mayuが辛い時は俺が助ける!俺が辛い時はmayuだよ。当たり前だよ」

こんなメールのことを忘れるわけもないので
「うん」と、ひとこと答えると、
「今のmayuを見てて、タイヘンなのはわかってるさ〜。
 もう何年つきあってると思ってるの?
 今は余計なことは考えないで、ゆっくりのんびりしてれば
 いいんだよ」だって。

涙がぽろぽろ。


電話を切ったあと、ひとことだけのメールが。

「一生、一緒だよ」

涙がダラダラ。


「うん(ノω・、) ウゥ」と返信したら、またまた感動的なメール。

「泣くな!旦那に頼ることも妻の役目だよ」と。


ああ、もう本当に感動してしまいました。

mayuがダーリンに出会った頃は、一度かかった鬱が
治っていました。

その後、再発したのですが、もちろん最初の頃の
ダーリンは、鬱のことなんてなにも知らなかったし
mayuの状態も理解できないようでした。

一緒に書店に行くたびに、鬱の本を差し出して
「ねぇ、ここ読んでみて。mayuはこういう病気なの」と言ったり、
診察のときに一緒に来てもらって、先生に説明してもらったりしてるうちに、
だんだん理解してくれるようになりました。

わかってもらうように努力はしたけど、
こんなことを言ってくれるひとは、そうそういないと思います。

mayuは、本当に幸せ者だ…と実感。

銀座での所用のあと、診察日だったので病院へ。

移動中から、調子が悪くなってきてたんだけど
待合室で座っているうちに、もうどうにもこうにも
身体をタテにしていられなくなり、受付の方に
「すみません…。調子が悪いんですが、
 どこかで横にならせてもらえませんか?」と
頼んでみました。

すると、テキパキと
「ベッドは高いから、登るのタイヘンですよね、
 じゃあ、こちらのソファで」と
空いていた診察室のソファに横にならせてくださいました。

「すみません…」と言って倒れこみつつ
もう涙が止まらない。

ああ、苦しい。
なんでこんなに苦しい思いをしなきゃいけないの?
治したいのに。
先生に言われたことは、守ってるつもりなのに。
mayuの何がいけないの?

思わず嗚咽がもれてしまうくらいに泣いてしまいました。

まもなく、主治医の先生が
「大丈夫ですか?起きられますか?」とやってきたので、
「…ハイ…」と涙声で答え、先生の診察室へ移動。

「調子、悪そうだね」との言葉に、またしても号泣。
「どんなふうに悪いのかな?」と聞かれるも、
しばらく涙が止まらず、言葉が出ない。

やっと出た言葉は
「先生、私、もう疲れました」でした。

そのとき、mayuは自分でも驚きました。

ああ、mayuはこんなに疲れてるんだ、と。

のんびり休むぞ〜 とか、
ボチボチやるぞ〜 とか言っていて、
そうしているつもりだったのに、
実際はぜんぜん「のんびり」でも「ボチボチ」でもなかったんだ、と。

家にいると気がふさぐのも、
そうしている自分を認めたくなかったからなのかな。

そして、外に出ては
「動けるじゃん、mayuってば!」って思いたかったのかな。

「ひとに迷惑ばかりかけて、もう消えてしまいたい」と
先生に言うと、
「そんなに自分を責めないで。今は休むときなんですよ。
 mayuさんのご主人はとても優しいし、理解もあるし
 思いっきり甘えていいんです。
 mayuさんが元気になったときに、恩返しすればいいんです」と。

そんなの、頭ではわかってる。
わかってるけど、じゃあどうしたらいいの?

「mayuさん、入院しましょう」と言われました。

「だって、入院したって治らないでしょ?」と聞いたら
しばらくの沈黙の後、慎重な口調でこう言われました。

「少なくとも、気持ちは今より楽になるでしょう。
 なにより、自殺を防ぎたいんです」

「消えてしまいたい、とは思うけど、私、自殺はしません」と答えると
「絶対にしない、と約束できますか?
 そういう衝動に襲われない、と言えますか?」と聞かれ、絶句。

泣き続けているmayuに先生はこう言いました。

「じゃあ、こうしましょう。
 今日、薬を調整します。これで一週間様子を見て、
 変わらないようであれば、入院しましょう」

「ただ、こちらで紹介するのは新宿区の病院になってしまうので、
 資料を差し上げますから、ご主人とも相談して」と
パンフレットを渡されました。

「ここは、建物は古いけれど、鬱の専門だし
 優秀なスタッフが揃っています。
 入院となったら、今のmayuさんには個室を勧めます。
 ひとりのほうがいいと思います」とのこと。

診察が終わり、待合室で会計を待つ間も涙は止まらない。

名前を呼ばれたので、涙をふきふきお金を払い、
「ご迷惑かけて、すみませんでした。ありがとうございました」と
病院を出る。

そして、薬局へ。

薬を待つ間も
「入院…、入院? したほうがいいのかな…。でも…」と
グルグルと考えが空回り。

処方が変わったのを見た薬剤師さんに、
「調子が悪いようですね…」と言われつつ、薬をもらってお会計。

帰り道は、朦朧としつつも、なんとか気分を引き上げるべく
横浜そごうへ。

HENRI CHARPENTIER(アンリ シャルパンティエ)の
むっちゃ美味しいマカロンを全種類購入。
(コレはオススメです♪)

ああ、こんなときまで甘いモノ…(^_^;)

落ち込んでても、しかたない。
1週間たって、それでもダメだったら、入院します、たぶん。

個室だったら、PC持ち込めるかな?
ネット環境なかったら、死んじゃう(>_<)

ありのままのmayu(それがどこにいるのか、わからないのだけど)を
受け入れて、許して、解放されるぞぉーーー!!!

鬱になんて、病気になんて、負けないぞぉーーー!!!

…という心意気だけは、まだ、残っています。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 00:00 | ☔ | Comment(0) | 病ひ

2007年07月19日

結婚について

さてさて、本日も昨日に引き続き順調なすべりだし。
ただねぇ、やっぱ基本的にテンション低いのね。
マイナス30テンション、といったところか。

午前中は、またネット巡回と下駄箱整理、そして洗濯。
…ちなみに、下駄箱整理はまだ終わってません。
いいんです、のんびりやるんです。

昨日もそうだったんだけど、どうもお昼過ぎくらいに
気分がふさいできて、どうしようもなくなり、
「うっしゃ!今日はカフェめしだ!」と出かける。

ちょっと前までは、ダーリンがmayuのために
お昼ごはんをつくってから出勤してたんだけど、
今はあまりにも仕事が忙しそうだし、
mayuもだいぶ落ち着いたから、それは辞退したんです。

不思議と、鬱絶頂のときは外に出られないのに
(寝たきりだから、当たり前だけどさ)、
今は、他人を見ると落ち着く。

ひとりきりでマンションにこもってるのが
今のmayuにはダメなのかも。

家から15分くらい歩いたとこにあるカフェに行こうと
思ってたんだけど、外にでてから気付いた!
そこ、平日は夜しか営業しなくなったってこと…(ノω・、) ウゥ

なので、逆方向に20分くらい歩いたとこにあるカフェに向かう。

ああ、もう少し近所にmayu好みのカフェがあるといいのになぁ。

すぐ近所に一軒あるんだけどさ、そして、そこ嫌いじゃないんだけど、
14:00でいったん閉めちゃうから、のんびりできないの。

でも、今日行ったところは、mayuの「横浜カフェベストワン!」

食べ物もスイーツもおいしくて、サービスも良くて、
なにより、まったりとくつろげる。

嬉しいのは17:00までランチをやってること!

ランチメニューはバリエーションも豊富で、
ドリンクついてて、たったの50円プラスでデザートもつく♡

しゅばらしい!

で、食べたものはコレ。

200707200111000.jpg

ブロッコリーと海老のマヨネーズソースなんちゃら。
ま、ゴハンの上に↑が乗ってるカンジ。
それと、トマトスープ。

ミートボールがゴハンの上に乗っかってるのがあって
それにも激しくひかれたんだけど、最近はなるべく
お肉を避けてるので、こっちにしてみた。

で、デザートはこちら。

200707200110000.jpg

バナナシフォンです。

おいしゅうございました、ええ。

食後、コーヒーを飲みつつ、

鈍感力
渡辺淳一 著
集英社 刊 を読む。

まあ、コレが耳が痛いのなんのって。
読了後、また感想をつらつら書きますけども。

でさ、ちょっとだけ言うと、結婚についての章があって
そこにはこう書いてあった。

『よく、結婚の幸せを口にしたり、老後しみじみ
 「あなたと一緒でよかった」などといいますが、
 それは長い長い忍耐を経てきた結果の、つぶやきなのです。
 そしてその忍耐の裏には、素敵な鈍感力が二人を支え
 守ってきたことを、忘れるべきではありません。』

でも…
ごめん、mayu、忍耐してません(^_^;)
ダーリンは山盛り忍耐してると思うけど。

mayuは、今のところ2回結婚してるワケですが、
どちらも、「ああ、このひとと結婚したい!」と
自分が強く願ったわけではなかった。

もともと結婚願望ゼロだったし、自分は結婚という制度には
向かない、と思ってた。

で、2回とも
「ああ、そんなにmayuを必要としてくれて、
 結婚したいと思ってくれてるなら、しようかな」ってカンジで
結婚してしまった。

こう書くと、軽はずみに結婚したみたいだけど
(事実、そうかもしれないけど)、
もちろん、相手のことは大好きで、ふたりの人生をくっつけたい、と
思って結婚したんだよ。

ま、「やってみなきゃわからない精神」のmayuは
こころの底では「ダメだったら離婚すればいいし」という考えが
あったのは事実なんだけども…。

結婚に対する覚悟は足りなかったね、うんうん。

このへんは、自分の両親が離婚してることも
影響してるのかもね。

ああ、それにしても、今日は忙しい一日だったのよ〜。
その理由は明日のブログで。

ではでは、おやすみなさい。
本日はとりとめのない文章になってしまいました(^_^;)



◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 00:00 | ☔ | Comment(2) | 日常

2007年07月18日

グルーミングのしあわせ

今日は、きちんと朝起きることができた。

携帯を見ると、友達から
「起きてますか?」という件名のメール。

早速読んでみると、
「辛いことがあって、話を聞いてほしい」と。

「大丈夫だよ〜!」と返信すると
すぐに電話がかかってきたので、しばし話す。

mayuはmayuの思うところを言ったけど
それで、少しでも彼女の気持ちが楽になって
幸せにつながればいいなぁ、と思う。

午前中は、洗濯したり、ネット見たり。

主治医の先生に「何事も根をつめないこと」と
言われていて、相変わらず家事禁止令がでている。

なので、以前も書いたハウスクリーニングの方には
mayuが仕事を辞めた今も、週イチで来ていただいている。
(コレ、ものすごーーーい罪悪感があるんだけど…)

が、日常の洗濯や、こまごました片付けは
自分でするしかないので、合間合間にそういうことをする。

ネットを1時間見たら、洗濯物をたたむ。とか。

ふいに思い立ち、下駄箱の整理を始める。
でも、これも一気にはできないので、一段ずつ。

そしたら今日中に終わらなくて、今、ウチの玄関は修羅場。

衣装道楽、靴道楽のmayuは、自分でもあきれるほどの
モノがあり、今はこれらのスリム化が目標。

CDとか本も多いけど、これはスリム化はムリだから
最初からしない、あはは。

お昼くらいに、どうにも気がふさいできたので
ここは一発、ネイルサロンにでも行こう!と思いつく。

早速電話をしてみたら、14:30に予約がとれた。

mayuが通っているサロンは、毎月キャンペーンがあって
なにかしらのメニューがお得になっている。

HPを見ると、今月はフットケア&カラーリングだったので
いつものジェル(これは手ね)と、フットを頼む。

サロンに行くと、寝椅子みたいなのに座らされて
足元ではひとりの方が爪の手入れをしてくれてる一方、
手は手で、ほかの方がお手入れしてくれる。

「おお、どこかの女王様のようだ…」と軽く感動。

ゼイタクだなぁ、と思うけど、ネイルサロンって
通いだすとやめられない。

なんてったって、仕上がりがキレイだし長持ちするし。
ジェルなんて自分でできないし。

ネイルに限らず、マッサージとか、エステとか、美容院とか
ひとの手に触れられるのって、癒される。

グルーミングだなぁ…と感じる。

仕上がりはこんなカンジ〜(^^)

200707182228000.jpg

足は、夏らしくパールホワイトにブルーのラメがけに
してもらいました。



200707182229000.jpg

手もブルー系にしたんだけど、
なんだか不健康そう???





そうそう、サロンのお姉さんとおしゃべりしてたら
なんと!最近は男性のお客様が多いそう。

営業や接客の仕事をしてる方が、手の爪を磨きに来たり、
カップルで来て、女性がお手入れしてもらってる間、
男性はフットケア(甘皮のお手入れとか、マッサージ)を
受けたりするんですって。

皆さん、知ってました???
mayuはびっくりしちゃった。

ああ、お部屋の整理整頓もグルーミングだなぁ…。
明日も下駄箱の整理、がんばろう。


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 23:50 | ☔ | Comment(2) | 日常

2007年07月17日

ダラダラ日記

今朝は、ダーリンが出かけたのも気づかないほど
深く深く寝入っていた。

9時に目覚めるも、頭が重く、身体が動かない。
かなり血圧が下がってる模様。

低血圧のひとは、朝起きられないとよく言うけど、
正確には「起きられるけど、動けない」だと思う。

少なくとも、mayuはそう。

なにか口にしなくては、と思うが、
どうしても身体が食べ物を受け付けないので
薬だけ飲んで、シャワーをあびる。

お風呂場でめまいを起こし、ハデにぶっ倒れる。
衝撃と痛みでしばらく立ち上がれず。

しばらくしてなんとか復活。

シャワーからあがって、
ああいうとき、打ちどころが悪いと危ないなぁ、と
ぼんやり思いつつお化粧して着替える。

朝から対人関係でちょっとしたことがあり、
非常に不安定な精神状態に。

あっというまにパニックに陥り、過呼吸を起こす。

なんという一日の始まり…↓↓↓

不安のあまり、ダーリンや友人にメールしまくり、
電話をもらって話しているうちに、なんとか落ち着く。

ああ、振り回されて情けない、と感じるが、
ポジティブな考えも浮かぶ今日この頃、
「イヤイヤ、バイオリズムにあわせて生きるのだ」と思い直すと
あら不思議、なんとなく気持ちが明るくなる。

今日は所用があり、一日外出の予定だったので、
支度をして家を出る。

うっとおしい霧雨で、マイナス50テンション。
おまけに肌寒いくらいの気温。

家の最寄り駅でカフェに入り、
やっとなにか食べられそうだったので
サンドイッチを食す。

渋谷まで行って所用をひとつすませ、横浜へ戻る。

なんとうっとおしいことに、この後の所用まで
4時間ほど空いてしまうのだ。

一度自宅に戻ることも考えたけれど、
また出てくるのは死にそうに面倒。

とりあえず、mayuが好きなCOCUEのセールへ。
パンプスを1足購入。
半額だぜ!
ビバ!セール!!!

その後、またカフェへ。

そこは横浜駅からけっこう歩く。
そのうえ、細い路地裏にあり、
フリの客はまず来ないようなところ。

ここがすごーーーく評判がいいカフェなのだ。

以前、一度友人と行ったことがあるんだけど
mayuはその良さがわからなかった。

なので、本当はどうなのか確かめたくなって
ひとりで行ってみた。

…結論。
やっぱりそのカフェはmayuにあわない。

なんていうか、風が吹き抜けるカンジがない、というか…。
わかりやすく言えば、くつろげないんです、mayuは。

みんな「まったりできて、すごく居心地いい〜」って言うけど。

なんだろう、不思議。
場のオーラがmayuには合わない。

インテリアもかわいいし、スイーツもおいしい。
スタッフの接客もいい。

だけど、なぜか落ち着かないんです。
やっぱりなにごとにも相性はあるものだ。

でも、mayuのほかに女の子2人組がいて
その子たちが、とてもいいカンジでおしゃべりしていて
こころが和む。

その後、久々にネカフェで時間をつぶす。
今、まさに時間つぶし中。

今日、雨の中を歩きながら「運命」について考えた。

今まで、mayuは運命は自分で掴み取るのだ!と思っていた。
でも、それって違うんじゃないかなぁ…と考えた。

なんていうか、ゆらゆら流れてて、
目のまえにそれが来たときにパッ!と
掴むものなんじゃないかなぁ、って。

あのね、同じように聞こえるかもしれないけど
これ、違うの。
わかってもらえるかなぁ?

今までは、自分で動き回って、
運命を掴み取りに行く!って思ってたのね。
それは違うなぁ、って。

ああ、うまく伝わるかな、このニュアンス…。

ま、またつらつらと書くかもしれません。
このことについては。

それにしても、一時はまったく日記が書けなかったmayuだけど
(書けなかった、というのは、文章がまったく浮かばなかった)、
今は、次から次へと書きたいことが出てくる。

文章が書けなかったとき、mayuは絶望に近いものを感じてた。

なんてったって、このブログ、mixi、ノート、音楽系SNS、と
たくさんの日記(らしきもの)を書き続けてきたmayuなのに、
そしてそれはとても楽しかったことなのに、
もう文章を書くことすらできないのか、と思った。

頭になにも書くことが浮かばなかったとき、
ほんとうにmayuはダメになった、と思った。

それがこんなにいろんなことを
また書けるようになって本当に嬉しい。

…と、いうことで、このあたりでタイムアップ。

ダラダラの日記を最後まで読んでくれた
そこのアナタ、本当にありがとう♪



◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 23:00 | 🌁 | Comment(0) | 日常

2007年07月16日

放置プレイしてスミマセン

ご無沙汰でございます。

やっと、放置していたイロイロなことを
再開しよう、と思えるくらいまで回復してきました。

このブログのことは、ずっとずっと気になっていたのですが
なかなか更新できずにいました。

この広い世界で、このブログを気にかけてくれていた
そこのアナタ、ちゃんとmayuは戻ってこれました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

これまでの間、いろいろなことがあり
mayuの環境も大きく変わりました。

それはまたおいおい書いていこうと思いますが
まずは、仕事を辞めました。

正確には、辞めざるを得ない状況まで
また病気が悪化してしまったということです。

とりあえず、それが一番大きな変化です。

音楽は、細々と続けています。
Psyverz[saiva:z](サイバーズ)は昨日、新曲をアップしました。

Poisonという曲です。
ぜひ聴いてみてください。
http://www.nextmusic.net/index.php?command=profmusic&profid=20070715183015

今日は短いですが、このへんで。

とりあえずの復活宣言でした(*- -)(*_ _)ペコリ


あ、追伸:

せっかくコメントをいただいたのに、
お返事が書けなかった皆様、許してください。

これからはきちんとコメントにレスができるかと思いますので
これに懲りず、またコメントくださいね。
待ってま〜す!!!


◆人気blogランキング参戦中!
 ↑
愛の1クリックお願いします揺れるハート

励みになりまっすぴかぴか(新しい)
posted by mayu at 19:11 | ☁ | Comment(2) | 病ひ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。